So-net無料ブログ作成

「写楽」展のあとは、アフタヌーンティーのケーキ [アート]

国立博物館の「写楽展」、終わっちゃいましたね。
なんとか滑り込みで見に行けて良かった。
最近、震災、原発のことを考えると道がふさがったような
気持ちになっていて、たまに芸術を見ると気分が晴れます。

「写楽展」の見物はなんといっても
大判雲母摺りの役者大首絵28図が勢揃いしていたことでしょう。
もう、それはそれはずらりと。
たとえばこんな感じで↓

IMG.jpg
切手女子ですから、ちゃんとこういう切手も持っているのでした。
この切手の印刷もなんとなく雲母摺りっぽくて気に入っています。

その他にも
IMG_0001.jpg
大童山文五郎の土俵入り 間判錦絵(1794年11月)
でぶっちょの子ども力士の土俵入りの図。当時のアイドルだったみたい。

竹抜五郎.jpg

写楽の作品じゃないけど、こんなのもありました。
市川団十郎の竹抜き五郎 鳥居清倍 17.18世紀
写楽以前の役者絵を展示して、写楽との違いを検討する___という仕掛けですね。

で、ひとしきりみたあとは
上野駅ビル内のアフタヌーンティーでお茶とケーキです。
こういう時間が以前にも増してありがたく感じるなぁ。

110609_160922.jpg

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 2

Ake

目の保養の後、アフタヌーンティーで心の滋養☆ コンディションバランスの秘訣、これなのね(^.^)b
by Ake (2011-06-23 13:20) 

mamagirl

どもども。食べ過ぎのデブになってますが。
by mamagirl (2011-06-23 13:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0