So-net無料ブログ作成
検索選択
美味探訪 ブログトップ
前の10件 | -

開墾牛のシチューと山梨ワインの夕べ [美味探訪]

先日、NPO法人農商工サポートセンターが企画した
「開墾牛を食す会」に参加しました。
開墾牛ってなんだろう、とまず思うわけですが、
文字通り、開墾してくれる牛さんのことです。

全国にどんどん広がる耕作放棄地に、ホルスタインの雄の仔牛を放ち
雑草を食べてもらって、土地を耕作できる状態に戻し、
さらにはおいしく育った牛を食べさせていただこう、という流れ。
ちょっと残酷ですが、それが人間の所行でございます。

今回食べたのは、勝沼で育った開墾牛です。
土地柄、この牛はブドウの絞りかすもたっぷり食べて、
元気に安全に健康に育っています。
で、今回は勝沼のワインとともに、
もも肉を煮込んだトロトロビーフシチュー、ヒレ肉・レバーを使った牛カツ、
すね肉、バラ肉などの一口ステーキ、モツ煮をいただきました。
と、書いているだけでお腹が減ってきそうなメンツです。

111214_190742.jpg
乾杯のワインはコレから↑
熟していない種ありデラウエアで作った、フレッシュなスパークリング。ドライで旨いっ!
http://budoubatake.co.jp/SHOP/34.html
他に絞りたての白(ちょっと吟醸酒のような感じでした)
フルーティな香りがあるけど、味はしっかりしていて大人気だったロゼなども。

あとは怒濤の牛肉です。コーフンして写真がイマイチ。
111214_193130.jpg
111214_194834.jpg
食べ放題なのに、たくさん食べられない。もうお腹いっぱい(´Д`;)
でも翌日、おなかスッキリで全然もたれたりしませんでした。

111214_193015.jpg
今回の仕掛け人。左がNPO法人農商工サポートセンター代表の大塚洋一郎で
右が有限会社ぶどうばたけの三森斉さん。
開墾牛で勝沼の耕作放棄地を葡萄畑に復活させて
牛もワインもおいしいものを作り、勝沼を元気にする。
そういう意気込みに溢れていて、いいですね〜。
やる気のある人の作るお酒はもちろんおいしいのです。

111214_195232.jpg
おまけはこのお花。愛媛の業者さんがわざわざ販売に来られていました。
今年は震災の影響でお花が売れず、大変苦しいというお話。
年末に向けて、お花を買うのも実は大事だったりして。

【松玄 恵比寿】の玉子とじそば、おいしかった! [美味探訪]

110829_131740.jpg


三軒茶屋にて撮影&取材のあと、
恵比寿に移動してランチでした。
「松玄 恵比寿」でごちそうになったのは玉子とじそば。
玉子がとってもふわふわでおいしかったなぁ。
この玉子、いったいどうやって作るんだろう。
超ナゾです。

松玄 恵比寿↓
http://r.gnavi.co.jp/g640404/

築地の佃煮屋「佃茂」に行きました。 [美味探訪]

110328_143959.jpg

たまには、おいしい話があってもいいよね。
先週、進物を買いに築地の老舗佃煮や「佃茂」に行きました。
築地本願寺の三軒隣みたいなところにあります。
ここの佃煮は以前、友達にもらって、そのおいしさに感銘。
みりんと醤油と砂糖だけで味付けしてあって、
シンプルなんだけど、上品で飽きないのですね。
進物には詰め合わせを買って、ついでに自分用にも。

110329_095914.jpg
110329_095853.jpg
写真はふきとこうなごの佃煮。
実は黒豆も買ったんだけど、おいしくて
写真を撮る前に食べちゃった。
http://tsukumo.ocnk.net/
通販でも買えるみたい。
タグ:築地 佃煮 佃茂

池袋の和食居酒屋「八吉」で、のどぐろを食べる。 [美味探訪]

110211_181423.jpg110211_191048.jpg110211_191752.jpg110211_181933.jpg


先日、池袋和食屋さん「八吉」でおいしいお魚をごちそうになりました。
http://r.gnavi.co.jp/g243623/
写真左上からお刺身盛り合わせ。
真魚鰹の刺身がちょっと珍しい。
淡泊な様子をして、じわっと脂がのっています。

写真右上はお馴染みの高級魚「のどぐろ」の煮付け。
これ、塩焼きもおいしいと思うけど、
この日のコースの流れ的には煮付けで正解。
適度に脂ののった、こくのある淡泊さでいけてます。やっぱりのどぐろね。

写真左下は本日のメイン。鯛の塩焼き。
これが巨大鯛で、どかんと出てきたときはみんなでびっくりです。
年末ののし餅みたいにでかいのだからなぁ。
付け合わせに並ぶレモンの櫛切りと比較して
この巨大さを想像してみてくださいな。

写真右下は、あっさりと「自家製ざる豆富」で、
細かく刻んだ山芋が入っているのがポイント
豆腐のふんわりに山芋のカリッとした歯ごたえが入っているのが
面白いです。

こいつを肴に八海山を飲みすぎてしまった夜でした。
いやはや、ごちそうさまでした。
店長さん直々のサービスも良かったです。

飛騨牛の美味ハンバーグ!! [美味探訪]

110208_203437.jpg110208_195633.jpg


めずらしい飛騨牛の専門店キッチン飛騨」の
ハンバーグをいただきました。おいしい〜。
http://www.kitchenhida.com/
子どもの喜ぶ、洋食屋さん風のソースがいいのですね。
ハンバーグはジューシーで、子どもはパクパクッとあっという間に食べました。
さすが成長期。恐るべし....。

大人はビールを飲みながらちびちびと。
この「富士桜高原麦酒」って、ちょっと味が面白いのですよ。
スモーキーな香りと味で好みが別れるかも。
匂いものが好きな人はきっといけるでしょう。
http://www.fuji-net.co.jp/beer/index.html

鶏マヨおにぎり、初めて食べる。 [美味探訪]

110204_135252.jpg


お仕事で撮影スタジオに行ったら、
いつも差し入れの食べ物、飲み物に凝っている編集Y嬢が
いろんなおにぎりをたくさん並べてました。
その品揃えにいつも感動しますが、今回は初めての味、「鶏マヨ」に挑戦。
要するに鶏の唐揚げがおにぎりに入っているというスタイルなわけです。

天むすのから揚げ版かなぁ。という気持ちで、がぶっといったら、
食べやすいよう、三つ、四つに切断された鶏からに
うっすらとマヨネーズ味が絡んでいて、
それがごはんにもくっついて、B級グルメっぽい美味さ加減でした。
隠し味程度のマヨネーズのちょっぴりぶりが私的にはヒットです。
そしてお茶をぐびりと飲めば、完璧なスタジオのランチですねぇ。
いつもありがとー、Y嬢さま[レストラン]

仙台に行ったら、やっぱり牛タン。 [美味探訪]

101205_154242.jpg101205_154703.jpg


前回ブログの続きです。
競技百人一首の全国大会で残念ながら
敗れ去った長女を連れて、仙台駅まで戻ってきました。
おなかも減っています。
こういう時は、やっぱりご当地名物を食べて
気持ちを盛り上げるのが一番です。

仙台駅には牛タンの店が四軒ほど並んでいる一角があって
(新幹線乗り場の近くです)さっそく行ってみました。
ねらっていた店は10人以上も行列していたので、
ま、他の店でもいいよね、ということで
スッと入れる牛タン屋さんへ。
並ばないけど、仙台風の牛タンでした、当然だけど。
目の前でジュージューと焼いています。
定番の牛タン定食を頼んだら、
とろりと煮込んだ牛タン入りスープもついていて、よかったですよ。

ヒトって、やっぱり動物なんだなぁ。
おいしいもんを食べれば、なんか悲しいことを忘れる。
体の満足感が、心もあっためてくれる感じです。


成城学園前駅のヘルシー中華「墨花居」 [美味探訪]

101102_210822.jpg101102_211029.jpg101102_211233.jpg101102_212952.jpg


珍しく、姉と二人で夕食を食べようということになって
成城学園駅の駅ビル「成城コルティ」の2階にある
「墨花居」に、なんとなく入っていきました。
有機野菜を使ったり、化学調味料は使わなかったりと
ヘルシー路線な中華料理屋さんでした。

で、味はあっさり爽やかな感じで、結構、好みなタイプ。
こってりと食べて満腹したい人にはちょっと油不足気味ですが
まぁ、よい年の女子二人にはちょうどいい感じです。
写真は左上から時計まわりに
「ピータン味噌を載せた冷や奴」
(ピータンは軽く風味づけって感じ。
個人的にはもっと激しくのっかっていてもよかったかな)
「レバーとニンニクの芽の炒め物」(貧血と闘うぞっ、な気分)
「墨花居炒飯」(中華風の石焼きビビンバみたいな感じ。おこげがおいしい)
「水餃子とサラダ」(おいしいとこがダブルに入ってて、おトク)

でも、一番印象的だったのが、店長さんとおぼしき
おじさまのプロフェッショナルなお仕事ぶりでした。
気配りがきいていて、サービスがよいのですね。
結局、お店はそういうところで決まるような気がするなぁ。
また行こうかな、と思うものね。
店情報↓
http://www.hotpepper.jp/strJ000681290/

「鬼怒川 竹やぶ」へ行きました! [美味探訪]

このところ、すっかりグルメブログの様相をていしている
わが「東京日記」でございます。
そして本日もますます濃厚なグルメで邁進です。
お楽しみに。

さて、今回おでかけしたのは
茨城県守谷市にある手打ちそばの名店「鬼怒川 竹やぶ」です。
国道沿いから細い脇道に入るのですが、
左右はまさに竹やぶに囲まれ、浮世離れした雰囲気が漂います。
そして鬼怒川へふっと突き当たった脇に
上品な日本家屋が現れ、「竹やぶ」の暖簾が揺れています。

お仕事でお世話になっているSさんが招待してくださったのですが、
本当に連れてきてもらわないと、絶対にわからない場所。
まさに隠れ家だわ。

101006_154447.jpg101006_154842.jpg101006_155452.jpg101006_160348.jpg


そして、この日本の美味の数々ですよ。素晴らしい〜。
菊姫や天狗舞を優雅に飲みながら、
写真左上から時計回りに
お通し3点盛、ニシン、ふんわり柔ら系の卵焼き、
そして焼石に載ったウニの練りもの。
もう酒のあてとしては、完璧です。
最後にはせいろ2枚で仕上げて、実に幸福なひと夜でした。
Sさん、本当にありがとうございました(^^)/~~~

つくばエキスプレスに乗ると、
東京までは案外するっと帰れます。
茨城県って、実は近い場所なのかもしれません。

「鬼怒川 竹やぶ」情報はこちらに↓
http://r.gnavi.co.jp/b377600/





丸の内オアゾでランチ [美味探訪]

101001_120341.jpg101001_121516.jpg


編集者と一緒に丸の内ランチをしました。
丸の内オアゾの5階に入っている
「アマルフィイ モデルナ」というイタリアンです。
ランチメニューですが、3種類の中からメインをひとつ選びます。
チョイスしたのが、鰯のグリル。
季節の野菜コンソメ風のスープでまとめてあります。
バケットもおいしかったし、なかなかな感じ。
量は少めだから、お腹をうんと減らしている人はどうかなぁと思うけど、
女子的にはぴったりね。
ついでにデザートもつけて。おいしいプリンでしたよ〜

shop dataはここ↓
http://www.be-value.co.jp/index.files/amalfiMODERNA.htm
前の10件 | - 美味探訪 ブログトップ
メッセージを送る